旦那の好きなところ

前回、色々書いて、

逃げてから戻りました。

 

旦那の好きなところは、

誰にでも優しいところです。

お母さんにも、恋人のように優しい。

私の母にも、友達にも、兄弟、後輩、先輩、上司、部下、子ども…。

 

私は、お付き合いをし、

結婚をしたら、それを独り占め出来ると、

勘違いしていたのだと思います。

 

性格を独り占めって。

 

私には自信がありませんでした。

前の彼の時も…、

旦那の時も…。

 

彼がみんなに崇拝されていたから、

その彼と付き合うこと。

毎日、特別な繋がりを感じることが、

私の唯一の自信でした。

 

でも私の中に、皆の中にいるときの彼に価値があり、

その人との一緒にいることで、

見えてきた現実が理想と

ひとつ違えば失望に変わり、

わざと相手を怒らせました。

 

その度に、たまたま、

気になる人が出来るので…

その人の元に逃げるように

付き合いました。

 

私の恋愛は、

片手ほどの人としか、付き合わず、

長い間、彼と崇拝してくれる仲間と

共にいる時間が私の全てでした。

 

その中で、たまたま、

旦那との出会いがありました。

 

結婚適齢期や彼の人柄は、

私の全てにおいて、

結婚しても良い条件を満たして

くれました。

 

でも結婚してからは、私は母親となり、

変わったのです。

彼に許可を出さなくなりました。

 

私は、私の中にある勘違いに

気付かないままでした。

 

でも旦那さんのことは、

大好きなのです。

彼女が現れたのは、私が彼を好きなのを、

もう一度私に問いかけるためだったのかも。

 

彼女には彼氏もいた。

 

彼女は彼氏と別れた。

旦那さんを本気になったからと。

 

旦那の本気は、私だと理解していたのに、

ずっと言われていたのに、

拒否したのは私です。

 

このブログを始めた頃から、

ずっと、彼は私と子どもしか要らないと、

でも仕事は自分の生きがいだと、

何度も何度も何度も、

言い続けてくれました。

 

私は彼の仕事をする姿が、

一番大好きだったのに、

憎しみのあまり、奪いました。

 

旦那は、そう思わせた行動をした自分が悪いと言ってくれました。

その代わり、別れないでほしいと。

 

私は彼の家から出て、

離婚届にサインをして貰いました。

その時に旦那は、泣いていました。

 

子どもはただひたすらに、

旦那と私の間を行ったり来たりしていたのを

よく覚えています。

 

子どもの父親でなくなる、

私の旦那でなくなる、

部署異動をする、

信用を失くす、

 

それを知っていたら…

彼女にパワハラと言われても、

何か違うことをすれば良かったよ。

同じ結果なら、

彼女を部下として大切にしろと

言う君の言いつけなんて、

聞かなければ良かったよ。

 

そう言って、泣きながら、

サインをしていました。

 

私は、その時に、

この人とやり直そうと思いました。

 

確かに、子どもが産まれたばかりの日に、

彼に「もし、自分の子どもがそうなったら辛い。その彼女が可哀想だから、上司として…

この子の父親のように、守ってあげてね」と

言ったのは私です。

 

酷い女なのは、私でした。

 

でも、慰謝料は返しません。

 

 

旦那の好きなところ。

やはり、優しいところです。

 

きっとまた、私達は歩きだせる。

同じお家に住んで、子どもを育てよう。

親として学び、教え、笑顔を作ろう。

 

 

 

 

長文を読んで頂き、

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分との戦い

私の…旦那の浮気は、本当に浮気でした。

 

月1のご飯のみの関係。

約4ヶ月。

 

私が思うより、旦那は上司や先輩としての

意思が強く、優しい。

彼女は「あくまで」部下であり、後輩。

 

彼女は過去にパワハラで、同じ部署の男性を社長に訴えた事もあります。

部署の仲間からは、ほぼ話題に出されない状況。世間話もしない仲間。

 

そんな彼女の納得が、唯一、

まともに話してくれたのは、

私の旦那でした。

 

彼女は、私の旦那を離したくない一心で、

同じ資格を取得したいとすら、言い出します。

 

旦那は家族を守りたい一心で、

彼女の納得のいく関係を保った結果…

行き着いた先が「資格取得のためのお食事会」でした。

 

私は部下を持ったこともないので、

その気持ちは理解出来ませんでした。

 

会社バレした後も、

旦那は会社のノルマにも掲げられていた「資格取得者の排出」が自分の成績だと思い、

とりあえず、連絡を取っていました。

 

私は…旦那がずっと、

彼女を好きだからと思い込んでいました。

ホテルへ行ったのも、

たまたまダブルベットしか空いておらず、

終電が近づいたにも関わらず、

彼女が「酔った」というので介抱…。

手を握られたり、

男として試されてると思う行動。

そのまま、終電が無くなる。

 

旦那は彼女が寝たのを確認後、

ひたすら始発までコンビニや路頭をウロウロ。

 

そして、私にバレる。

→ここで鬼になります。

 

あり得ないですが…彼は「お人好しすぎる」のです。人と行き当たれば、新人にも謝る。

何もしてないのに…相手の顔を見て謝る。

 

 

旦那が何で悪びれないのか?

というと…「好きじゃないし、浮気じゃない」と言われました。

 

 

もうここからは自分との葛藤でした。

嘘に聞こえる。

自分の時は…旦那の猛烈アタックから始まりました。周りの人から、やんややんやと盛り立てられる(*゚▽゚*)、→旦那も気になる程度から、好きだに変わる。

 

身体の関係も私が良いと言ってから。

 

何もかもが、彼女とイコールにならなくて。

 

でも浮気がそんな漫画みたいな展開なんて!!

もう良く分からなくなっちゃうから、

逃げます。

 

逃げるは恥だか為になれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

July.5

私の魔法のコトバ。

一生懸命探していたのですが…

 

見つけたのは、

魔法でも何でもない。

誰しもが手に入れてる言葉。

 

期待に応えない私にも良いよと

思うことにした。

 

この気持ちを理解して貰えないことにも良いよと思うことにした。

 

それでも、私は愛されてる。


それでも、私は幸せになれる。

 

期待に似た諦めのような、決意の言葉。

 

 

 

 

雑談^_^

最近、ソイラテ+蜂蜜にどハマり。

最初はキャラメルマキアートみたいな、

焦げ苦さが良かったのですが。

 

豆乳の味が、コーヒーと馴染むのが良い✨アイスならガムシロップ、ホットなら蜂蜜を入れ、飲んでいます!

 

色んなカフェで、結局頼んでしまう(^_^;)、

同じような味なのに。

 

でもドトールのココアは、

個人的にど直球で!

 

13歳の頃からドトールに行けば、

必ずココア(とたまに、ミラノサンド)

に癒されています。

 

ドトールさん、ありがとうございます😊

ドトールに働いている、働いていた皆さん。

私はそのココア一杯に心を躍らせています☆

 

そして、ソイにハマってる理由の一つ。

オッパイに効果がある!!

嘘か誠かは人によりますが…

 

オッパイ、ちゃんと戻ってほしい(T-T)!

 

大豆さん、私のオッパイに元気を!

 

「みんな…ほんの少しで良い。

オラに元気を分けてくれ!」

 

世界中から元気がポコッと飛び出して、

悟空さんの元には大きな塊。

 

ごくうさぁ!(チチ風に言うと)的な感じで、

大きなオッパイに戻らせてくれ!!

 

私はソイラテにそんな事を想いながら、

いつも癒されております。笑

 

皆さんも1日、幸せでありますように(* ´ ェ `*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#長すぎ #家族 #デトックス #自己満?

別居からもう7ヶ月。

振り返れば、1年前半前の話になろうとしていますが、精神的には落ち着きました。

身体も、今は元には戻らないけれど、

きっと戻れる日は来ると思っています。

 

そして、普通の生活をしていると、

お薬がどのくらい凄いのかを知ると共に、

もう自分には必要ないと実感し始める

今日この頃です。

 

完治までは至らないけど…。

時間が癒してくれる。

時間薬に頼ることが、大切な自分を守る方法と

知ることが出来たからです。

 

でも、不安に襲われる日があると、

怖くてたまらない。

 

例えば、朝から機嫌が良くないとか、

きっと実家から戻れば、

薬が手放せなくなると思ってしまう時とか、

 

辛い事があった時にこの薬がなければ、

安心して必ず「眠れる能力」を

実現出来なくなってしまうのでは?と、

思ってしまいます。

 

そんな事ない!って、

解っていても、

頭の中に警笛を鳴らす誰かがいる。

 

その不安が、

地方の生活に戻る事を

消してしまいそうになるのです。

 

だから、旦那さんも

「もうやり直す気はないなら…」と

希望の光が見えては、消える。

 

 

それに仕事と家事と育児の両立が、

出来ない怖さ。これが一番の嫌です。

 

どれかを優先したら、

どこかにしわ寄せが来る。

のし掛かる責任感に、

生活をがんじがらめにされて、

「私」の望みにある理想が離れていく。

 

 

仕事をしたり、家事をしたり、

子どもと過ごせば、

身体と心は疲弊する。

 

そんな毎日の中に、

食す楽しさよりも、倒れる「楽」を

選んでしまうのでは?と思ってしまうのです。

 

ご飯を作れない?家事をしない?

そんな、子どもの将来が怖くてたまらない。

 

ソンナ、オヤはハハオヤシッカク!

ダッタラ、仕事トカヤメロ!

コドモヲウムナヨ!カワイソウダ。

 

コメント欄の言葉は私の気持ちを蝕んで、

時々、壊していく。

私の心がきしみ、歪み、

それをどこかに発散させるとしたら…?

 

常に癒しを求めていたい。助けてもらって、弱々しくしてれば、皆が甘やかしてくれる。

病気ならば「楽」を知ってしまった。

 

 

不登校児や引きこもりの人は、

こんな気持ちなのかな?

 

自分の不安とは常に戦い続けるから、

本当の「楽」ではない。怖さも先立つ。

未来を想像出来ない苦しみ。

 

未成年にはどんなに辛いだろう。

社会に旅立つ前にこんな経験をしたら、

「いつかまた、挫折したら、こんな風になってしまうのでは?」と怯えなければならないなんて。

 

私ならば、

どんな風に他人に接して貰いたいだろう?

 

未来とは、常に明るく、光っている。

そして、その未来には、まだ親もいる。

 

勿論、毎日は辛いかもしれない

だけど…辛さを知ったから、幸せを感じて生きていけるのではなかろうか?

 

二度とこんな事は起こらないから、

絶対に大丈夫!!

 

それに、一度は経験した辛い気持ちへ

二度とそうならないように、

転び方も起き上がり方もキチンと、

学んだと思う。

 

傷ついた事を癒す方法も癒し方も、学ばなければ分からないし…、でもその方法は一人ひとりの考え方と同じで違う。

だから、学ばなければならない。

 

でも、この傷を知った私は、

同じ事で、誰も傷つけてないと思っている。

こんな風に、励まして貰いながら、

毎日、毎日、笑顔で応援されたい。

頑張ろうねって!!

 

 

確かに、色んな不安に襲われて、戦い、怒り、悲しみ…疲れてしまったのです。

誰にも協力されず、我慢をしてると、

我慢、我慢って言う気持ちの

一瞬が永遠に思え、

 

作る気力も食欲も出ないのは、

食すよりも、倒れると楽なのだ。

皆が優しいと知ってしまった。

 

 

モンモンとする。

 

その原因は?と聞かれると、

協力者が居なかった。

協力者=旦那さん。

 

この人が私を追い詰めた…。

自分だけ、楽をしていた。

私が苦しみの中を歩み、傷つき、

荒れ狂う波の毎日を見ていたのに。

 

この怒りが、苦しみが、私を襲う。

愛されていなかった。

彼は私達から逃げた。

私より大切な何かを持っていた。

その大切な何かは、私の人生に

「私の方が幸せ」と言わんばかりに、

旦那をあなたに返しますと言う。

負けた気持ち…。

 

…。

 

 

しばらくすると、

この気持ちに終止符を打とうと思える。

 

答えが「今」にしかないから。

でも「今」は色んな気持ちを知れてから、

きっと、優しく強い私になっている。

 

私は子どもの為にも、

離婚を踏み止まる勇気がある。

 

困れば、助けてくれる親がまだ生きている。

 

同じ苦しみを持つ仲間がいる。

 

旦那は私の元に戻り、

悲しみを和らげる方法を共に見つけ、

幸せを作りたいと願っている。

 

相手は負け惜しみの言葉を吐いて、

居なくなった。

その彼女への親しみを持っていない。

返しますと言っていたけど、

元々、誰のものでもない。

 

色んな事が普通に思える。

 

その悲しみが「死」と隣り合わせだった頃や、

毎日が「死」と隣り合わせの誰かを見ると、

私の手の中には、幸せが沢山沢山あり、

その中には子どもという、愛の塊が居る。 

 

子どもは常に私を探し、私を見てくれている。

 

子どもの幸せを見ると、頑張ろうと思える。

ごく普通の幸せだけど…掛け替えのない想い。

 

子どもを産めたのは、

私独りの力ではないし、

育てていける充分なお金も、

私だけでは考えきれない。

 

だから、彼のしたことを許すべきで、

不登校児のようになりつつある彼を、

励まし、笑顔で乗り切らなければ!!と、

想い、想われ、家族になろうと思う。

 

きっと悲しみは誰の心にもある。

だけど…愛も誰の心にもある。

だからこそ、生きていけるし、

生きようと思う。

 

悪口とか卑下するのは、優越感の極みだ。

辞めなければ、それはまた自分の苦しみに変わる。

自分が完璧な人間でないと話したいだけだから。

 

子どもへ、不安な心を配る日が来ても、

子どもちゃんを信じ、

希望で心に溢れるように。

やはり、笑顔でいたい。

 

ちょっと…前に進む気持ち、

やっと、理解出来た気持ち。許そうと思えた。

その、初めての許しに驚く。

 

許すって漢字は、なぜ、

言うに馬なのかなぁと思っていたけど…、

馬…。

走りは早いけど、時間としては遅い。

人によって心の開き方を変える。

 

 

それを言えるまでの時間は、遅い。

それを言うことを理解したら、早い。

心の開き方は馬のように、

素直な人間ほど許す許容範囲が広いし、

狭いほど、許せないのかもしれない。

 

こんな風に…昔の人がこの漢字を決めたとしたら、ロマンチックだな。

 

勝手に改めて、馬が好きになっちゃいました!

 

私の子どもは、未年生まれですが、

中身の形成ほぼ午年です。(早生まれ)

なので、臆病なところを時々見せますが、

すぐ忘れてしまい、駆け回って、人の心を上手く見ています。羊に戻るのも、手の内?って思うくらいに戻ります。

 

 

私は本当に丑年なので、馬のごとく早く動く、純真な子どもについていけません。笑

しかし、怒りに達するのは赤い色があれば、

早いのかも!!

 

そして、旦那さんは本当の未年。

きっと臆病者なのでしょう。女々しいメェメェです。でも、4本足の動物同士仲良くして生きたいなぁ。きっと、違う囲いじゃないと喧嘩してしまうけど…。

 

イチローさんの牧場でイヤイヤオー

みたいな。

 

はぁぁ!長い。

 

でも、読んで頂き、ありがとうございました☆

付ける題目もなくて、

今更、ハッシュタグ発信です。インスタはしてないのですが☆

お馬さんに会いに行こうかな?

blogger

ブログが癖になると、

人からの反応って楽しみになって、

自分の心の隙間を埋めて貰える。

そんな気持ち…少し理解してしまいます。

 

今は海老蔵さんのブログを見てます。

家族って難しく、優しく、暖かく、

かけがえのない、代わり者のない、

そんな事を感じています。

 

ひとりが欠けると、パズルのピースが欠けるように、心の中に虚無感を感じてしまう。

そんな気持ち…とても痛々しくて。

 

まだ体験したことのない世界。

 

でも、必ず訪れること!

深い理解のないことに、

他人が悲しみを口にするのも…と思いながら、

書いて吐き出してみるのです。

 

色んな人がいる中で、悲しみの量を比べたり、

幸せの価値を比べるなんて、

本当に出来ないんだと思いました。

 

死に比べたら、◯◯なんて。

とか、

◯◯に比べたら、私なんて。

とか、

31歳にして、ようやく気付いた事です。

 

 

遅いですが!

 

 

でも30年間、その痛みを知らなかったから。

20代を恋の幸せで彩っていられたんだと思いました。私は子どもが居なければ…死んでいたかもしれない笑

 

私の辛い経験から良かったと思えたのは、

 

健康な身体と私の仕事の価値を知れた事。

本当にしたかった事をするようになった事。

子どもを持ち、その視点を知れた事。

人の痛みを知れた事。

家族の形にとらわれる事なく、生きてる事。

時間の大切さを知れた事。

 

たくさんの人がいて、

私を応援してくれていた事。

まだ、やり直せる事…m(._.)m

 

どんなに辛くても!

今日も前を向いて、明日のために。

 

お母さんは…こんなに強く、たくましく!

そして温かい。私をお母さんにしてくれたのは、間違いなく、子どもと旦那です。

 

だから、信頼を取り戻さなければ!

そして、毎日に愛を注ぎたい♡

 

皆さんも素敵な一日をお過ごし下さい☆☆

 

 

 

 

 

 

かたつむり

この時期の子どもの制作。

色々作って…大変だね(^。^)、

 

私の小さな怒りは、

大きな波に変わり、

優しい自分に戻ってきました。

お帰りなさい。

 

子どもの成長は嬉しい反面、

マイナスな方ばかり向かないようにしないと、

押しつぶされそうで…

 

私は子どもを

ずっと「心配」をしていたけれど、

やめることにしました。

 

彼に私の心(の不安)を配ること。

 

子どもの時は、心配しないで!

心配掛けたくない。

心配は要らないからって、

親に思っていた。

 

その気持ち、やめよう…ただ辛いだけ。

代わりに、信頼しなきゃと思った。

子どもの幸せは、

子どもが決め、作るのだから!!

 

でんでん虫さん。

いつか、私が不安に襲われたら、

この心配を子どもに与えないでと伝えて下さい。

その代わりに、信頼してると、

一言添えられたら良いと。

 

制作のように残らないから、

少しでも形に残しておこう。

 

☆☆☆

 

 

小林麻央さんがお亡くなりになりました。

私も密かに応援していたひとりでした。

本当に、ご冥福をお祈り致します。

 

子どもを持つ親ならば…、

いや親じゃなくとも、誰しも皆が父親と母親の存在を深く考えてしまう。そんな気持ちを応援して貰えたと思っています。

 

あんな素敵な言葉や考えになれたら、

私も良いなと思うのです。

 

☆☆☆

 

 

ツノ出せ、

やり出せ、

頭出せ。